電気設備設計の会社です

「仕事は何ですか?」
と聞かれ、
「設計です」
と答えると、大抵の方が
「家とかマンションとかデザインしてるの?」
と返します。
「いやいや、電気の設計です」
と答えると、大抵の方が???の状態になります。

一つの建物を建てるとき、色々な専門分野の方々が集まって設計をしています。
・建物のデザインをする意匠設計
(建築と言うと殆どの方が想像するのがこの意匠設計だったりします)
・建物の構造(梁や柱)を設計する構造設計
(梁や柱の大きさ(太さ)は構造設計と言う専門があることも余り知られていなかったりします)
・空調換気や衛生(上下水道やガス、消火設備など)を設計する機械設備
(機械とか設備と言われます)
・電気全般を設計する電気設備
(通常、電気と言われています)
これだけの専門分野が集まって一つの建物の設計図が出来上がります。

この中の電気の部分が弊社の仕事です。
分かりにくいので、ざっくり答える時は
「家の中のスイッチ、コンセントや照明をどこに付けて、どうやって電源を引っ張るかを図面に描く仕事です」
と答えて、何となく理解してもらっています。

次回はもう少し電気設備について詳しく書きたいと思います。

ブログ始めてみました

職業は?と聞かれ
「電気設備設計です」
と答えると、建設業界以外では大抵理解してもらえない。
同じ建設業界内でもあまり理解してもらえない。
だから
ツネマツ設備設計って何やってるの?って所から少しずつ伝えられたら・・・
と言うことで、ブログを始めてみたいと思います。